TOP>コンセプト

コンセプト|Concept

めざしたのは、重厚にして優美を語れる唯一無二の洋館。

旧古河庭園,六義園のレンガ壁,巣鴨駅周辺の街灯

「Brillia巣鴨」は、学園や名園を借景にした格調高き洋館をコンセプトに設計されています。
Jコンドル作の名建築である旧古河庭園や歴史と情緒が薫る六義園の重厚なレンガ壁。
それらの世界観と呼応する歴史を継いだ格式を、息づかせています。

山手線「巣鴨」駅徒歩5分の南静高台。

高台概念図

「都心にありながら、陽光あふれる静かな高台に暮らす」-そんな贅沢を叶えられる場所である、本郷台地の一画、
標高約25mとなる南傾斜の高台にブリリア巣鴨は立地しています。

文教の空気と桜を借景に、気高き美意識を謳う。

ブリリア巣鴨の入口付近外観

日本の美の象徴である桜と、味わい深い意匠の列注を従えてそびえ建つ「Brillia巣鴨」。
隣接した十文字学園が醸し出す文教の空気の中で、
御影石や割肌調タイルなどをまとった外観が重厚な存在感を主張しています。
染井吉野発祥の郷という、時が磨いてきた地が未来へ継承する確かな系譜を継ぐ、閑静な邸宅街に、
「Brillia」という正統なる美意識が美しく混ざり合っています。

歳月を経るほどに深まる、美しき存在感。

割肌二丁掛けタイル(門柱)、天然石・小端積(ラウンジ・ライブラリー壁)、御影石(エントランス外壁)、大理石(エントランスホール壁)、フローリング・ヘリンボーン貼(ライブラリー床)

建物の外構には割肌二丁掛タイルを纏った門柱やエントランスの外壁の漆黒の御影石、
エントランスホール壁の大理石などの天然石が、やわらかい肌合をもつ表情を演出しています。
また、ラウンジ、ライブラリー壁の天然石・小端積やライブラリー床の
ヘリンボーン貼フローリングが賓館としての美しき存在感を醸し出すように、
「Brillia巣鴨」には正統を継ぐ美意識が息づいています。

※上記の内容は分譲当時のHP・パンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現状と異なる場合があります。