TOP>デザイン・共用部

デザイン・共用部|Public

北山手の南静高台に佇む、正統を継ぐ賓館。

  • 正統を継ぐ存在としての気品が薫り立つ賓館。

    ブリリア巣鴨・建物入口付近の外観

    迎賓の想いを重厚で格調高い意匠に込めたゲートを設え、
    端整な佇まいをみせる「Brillia巣鴨」。
    凛として落ち着いた印象のなかに、正統な洋館としての
    アイデンティティを感じさせます。
    列柱を配して空への伸びやかさを演出し、
    育まれてきた歴史と伝統に相応しい建物となっています。
    確かな意思を映した設えの一つ一つが、
    居住者の誇りや歓びとなります。

  • 壮厳な空間と麗しき景が響き合う邸宅美学。

    暖炉のあるラウンジ

    ぬくもりの演出を施した暖炉のあるラウンジ。
    窓の外に望める水景の中庭と相まって、ここにしかない邸宅の美学をゆったりと奏でています。

    エントランスホール

    邸内へ足を踏み入れると、荘厳な回廊を彷彿とさせるエントランスホールが長く続いています。
    大理石を贅沢に使用し、間接照明が雰囲気を醸す空間が、さらに内なる私領域へと誘います。

  • 清謐なる余韻のなかに豊かさの本質を宿した空間。

    ライブラリー

    ラウンジからさらに奥まった場所には、静謐で充たされたライブラリーが設けられています。
    壁面の書棚、さりげなく置かれた上質な革張りの家具、深川製磁のSUMIランプなどが、この空間にさらなる落ち着きを演出しています。
    ガラス越しに見える水景の中庭や紅葉の桟敷が趣を添えています。
    じっくり味わうように、ゆとりの時間を愉しめる拡張高い設えとなっており、さながら「知の私領域」のような空間です。

  • 煌めく光と水、四季を映す樹木が織りなす佳景。

    ラウンジと窓越しに望む水景の中庭

    内包した美学こそ、黙して品格を語れる邸宅の資質。
    ラウンジの窓越しに望める水景の中庭は、泉のように湧き出す水が段差を伝って流れて落ち、季節の彩を映し出しています。
    竹の光庭では、風雅な余韻を奏でる竹を、柔らかに降り注ぐ光が彩ります。
    都心にあってその喧騒を忘れさせる別世界。情趣と静寂を愛する人にとっての、特別な場所がここにあります。

  • 竹の光庭。

    竹の光庭(夕暮れ時)

    和の趣を集約したような竹。それを彩るのは、やわらかに降り注ぐ光。風雅な余韻を奏でる庭です。

  • 日本陶磁器の意匠を、世界に知らしめた代名詞「深川製磁」。

    深川製磁「SUMILAMP-DANTE」

    明治時代の有田で誕生した「深川製磁」は、華麗な色絵時期の伝統を受け継ぎ、創意を凝らした数多くの作品を生み出し続けています。
    1900年のパリ万博では、最高名誉のメダーユドールを獲得するなど、明治期の日本陶磁器の名を世界に広めました。
    また、1910年には宮内庁御用達を拝命するなど、国内でも不動の地位を確立。
    その「深川製磁」の代表作であるSUMILAMP-DANTEが、「Brillia巣鴨」の空間にあって妙なる響きを奏でています。

  • 「Brillia巣鴨」デザイン監修 AA&SUN ASSOCIATES。

    ブリリア巣鴨外観、実績作品:ブリリア ヒルズ 宮前平、実績作品:エルメスオレンジボックス

    人間の生活・行動の環境、それらをとりまく都市環境は、人の感覚と直に触れ合うものです。
    本当の快適や住まう歓びを演出するために、目に見えない部分までも感性で捉え、建築物に定着させていくこと。
    「Brillia巣鴨」が目指したのは、歴史と由緒ある文教の薫り高き環境に相応しい住環境づくりと、
    そこで暮らす毎日がかけがえのない歓びとなる住まいです。

※上記の内容は分譲当時のHP・パンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現状と異なる場合があります。